アクセス

帝京大学医学部附属病院
泌尿器科

地図

〒173-8605 東京都板橋区加賀2-11-1

TEL

03-3964-1211(代表)

主な治療対象疾患|LOH症候群(男性更年期障害)

LOH症候群(男性更年期障害)とは

「全身の疲労感や意欲の減退、ED(勃起障害)など、これまで〝年齢のせい〟と片付けられてきた中高年男性に特有の心身の悩みが、近年「加齢男性性腺機能低下症候群:LOH(late-onset hypogonadism)症候群)」と呼ばれ、注目を集めています。

その原因は男性ホルモン:テストステロンの低下です。男性ホルモンは20歳代にピークを迎えてから徐々に低下していき、加齢とともに症状が現われます。

男性ホルモンは第二次性徴を促す物質として知られますが、成人以降も、筋肉や骨の形成や、造血機能や性機能、脂質代謝など、全身のさまざまな生理的な活性を促す働きを担っています。また、攻撃性といったアクティビティを高める作用があることも知られています。たとえば、イギリスの証券会社の男性社員を調べた研究では、利益をたくさんあげる人ほど男性ホルモン量が高かったという報告もあります。一般的に男性ホルモン量が高いのは、芸術家や音楽家など、創造的な仕事、生き方をしている人たちで、60歳や70歳で高い人もいます。逆に、教師、医者、銀行員といった社会的な規範に縛られやすい職業、ハメを外すことが苦手な人たちは男性ホルモンが低いといわれています。

LOH症候群は身体的には全身の疲労感や倦怠感、性欲低下、ED(勃起障害)、不眠、肩こりなど、精神的には気力の衰え、集中力の低下、イライラ、抑うつなど、症状は多岐にわたります。しかし、一般の病院へ行っても「異常なし」。自分の体はどうなったのか。そんな方は 「LOH症候群:男性の更年期障害」を疑ってみてはどうでしょうか?

過剰なストレスが更年期障害の引き金に

職場の人間関係やリストラの不安、家庭内不和、介護の負担などが引き金要因となることも少なくありません。40歳代以降は、責任の重い役職に就き、仕事のプレッシャーに苦しむ局面も増えます。年齢とともに男性ホルモンが低下するのはごく自然なプロセスですが、それに職場や生活環境の大きなストレスが加わることで、男性ホルモンや全身の生理機能や精神活動に影響を及ぼすと考えられます。なりやすいタイプとしては概して几帳面、ストレスをためやすい人といえるでしょう。外来の経験からいうと、主に身体を使う職業の人の受診は少なく、デスクワークの多い職業や管理職の方が圧倒的に多い傾向があります。

症状と診断

帝京大学附属病院泌尿器科では、従来、男性更年期外来を開設してきました。しかし、更年期というネガティブなイメージを払拭し、男性医学としての視点から診療を行うため、平成21年5月の新病院の開設に伴い、メンズヘルス外来と名称を変更しました。メンズヘルス外来を受診する患者さんは、全身倦怠感、睡眠障害、勃起不全、抑うつなど様々な症状を呈しています。

診断の手助けとして自己問診表(AMSスコアなど)を用います。また、血液検査として、テストステロン、生物活性を持つ遊離型テストステロンの測定や下垂体から分泌される黄体化ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)や副腎ホルモン(コルチゾール)を測定します。

男性更年期障害問診票

治療の実際

男性ホルモン補充療法(ART)が奏功した1例を紹介します。51歳男性。商社勤務。身長178cm、体重85kg。2、3年前より、全身のだるさ、性欲減退、全身の筋肉の痛みなどが出現。疲れるので、以前通っていたスイミングクラブにも行かなくなった。何かやろうとしても昔のように根気が続かず、やる気がおきない。寝つきが悪い。最近頻尿になり、また体がほてり急に汗をかくことがあるといったような訴えがあり帝京大学メンズヘルス外来を受診しました。自己問診表のAMSスコアは55点で重度に分類されました。血中遊離テストステロン値は6.5pg/mlと低値でした。そのほか、高脂血症、高尿酸血症を認めました。治療として、まずウォーキングなど運動療法、食事などの生活指導を行い、ARTとして、エナルモンデポ(エナント酸テストステロン)1回125mgを3-4週毎に筋肉注射しました。6ヶ月後にはAMSスコアは28点まで改善し、商社マンとして、海外出張もこなし、スイミングプールへも通えるようになりました。

テストステロン補充療法 (ART)

LOH症候群診療の手引きでは、男性ホルモン補充療法の適応として、血中遊離テストステロン値が8.5pg/ml未満の場合としています。本邦で現在、使用可能なテストステロン製剤は、注射剤としてのエナルモンデポ(エナント酸テストステロン)、グローミンなどの男性ホルモン軟膏があります。

男性ホルモン補充療法の副作用としては、貧血の逆で赤血球が増える多血症、睡眠時無呼吸症候群の悪化、まれではあるが肝障害などがあります。男性ホルモン補充療法により前立腺癌の発生が増加したという報告はありませんが、一般的に前立腺癌の腫瘍マーカーである前立腺特異抗原(PSA)が血液検査にて2ng/ml以上では男性ホルモン補充療法は行いません。

LOH症候群とED治療

患者さんが勃起障害を伴う場合、ご希望があればバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬を処方します。PDE5阻害薬により、勃起機能の改善のみならず、早朝勃起の回復が患者のQOLを回復させ、また、血清テストステロンが上昇することが報告されています。補中益気湯などの漢方製剤も男性更年期患者には有効と考えられ、われわれの検討では、補中益気湯は血清テストステロン値を上昇させ、コルチゾールを低下させました。

EDとメタボリックシンドローム

男性更年期の代表的な症状EDは、男性ホルモンの低下やストレスなどの心因性のものが多いのですが、症状の裏に、糖尿病による末梢神経障害や動脈硬化による血流障害、メタボリックシンドロームが隠れているケースが珍しくありません。これをいち早く見つけて、EDと生活習慣病改善の両面からケアすることがとても重要になります。内臓脂肪が増加すると男性ホルモンの分泌が低下するので、2つが合わさると悪循環に陥ります。米国での研究では、男性ホルモン値の低い男性は高い男性よりメタボリックシンドロームの発症リスクが約3倍高いという報告もあります。

映像資料

帝京大学が提供する疾患・治療情報を紹介するTV番組「帝京大学健康ステーション外へのリンク」(CS日本141ch・G+にて放送)で放送した「タイトル:前立腺がん」をネット上でご覧いただけます。
ムービー再生にはWindows Media Playerが必要です。あなたに快適な帯域を選んでご覧ください。